冒険の書 ~BLOG~

株式会社ルイーダ商会の最新情報を配信! 役に立つ小ネタや注目の出来事など

GOLDの使い道

『中小企業の社長こそ広告費を使え』

今回は少し真面目な話し。

弊社ではよく売上UPに関わる相談を頂くわけですが、

皆様大体、営業でカバーする方法を模索されるわけです。

営業とは企業の剣であり、槍でもあるわけですが、

しかし昨今は、ネットを開けば直ぐ情報が出てくるわけで、

そんな中プッシュ型の営業と言うのは、非常にハードルが高い。

これからの営業マンは取れそうな見込み客へ訪問し、

クロージングや、アップセルに注力すべきだと思います。

その仕組みが出来ない限り営業人員を維持する為の

コストは下がらないでしょう。

プッシュ型で売上を取りに行く場合、どうしても営業マンに

負荷がかかってしまい、大抵の営業マンは長く勤める事が

難しくなります。

そうすると、抜けた人員の引き継ぎや、穴を埋める為の

採用、新規営業マンの教育と色々な事が必要になります。

すなわちそれもコスト。

また、出来る営業マンなんて全体の15%いないんじゃないかなと

私は思います。

 

私もプッシュ型で育ってきた人間なので、何人もの営業を

育ててきて思うのは、プッシュで物が売れる人員は

そんなに存在しないということ。

しかし、インバウンドから受注出来ますと言う人間は

40%位はいるのではないでしょうか。

 

インバウンドと、プッシュ型だと何が違うのか?

 

ずばりファーストコンタクト時の見込み確度でしょう。

 

欲しいから何かしらの広告に引っかかってきた人というのは、

もともと欲しかったり、検討していたりするので、後一押しすれば

買ってくれます。

 

しかし、プッシュ型は欲しい人を探したり、欲しくない人を欲しい気持ちに

する事から始めなければいけません。

 

また、心理的にも、自分が問い合わせたのと、営業マンからアプローチが

あったのでは、心の開き方も違うでしょう。

 

もちろんプッシュ型でもいける商材というのは、一定数存在しますし、

商材によってはプッシュ型をお勧めするケースもありますけどね。

 

費用対効果をみても、営業を雇うより、インバウンドを獲得する方が

いいケースが多いのが事実。

 

インバウンドを獲得する為の、マーケティングという名の営業マンは

365日24時間休まず働いてくれますしね。

 

細かい話しはまた後日あげる事にします。

 

今回は何が言いたかったというと、また広告費使ったよ!って事。

 

http://hnavi.co.jp/hp/06307/