TECH BLOG技術ブログ

Kintone メール配信について

1. はじめに

Kintoneとは何か

Kintoneは、企業の業務を効率化するためのクラウドベースの業務アプリケーションプラットフォームです。Kintoneを利用することで、ユーザーは自分たちのニーズに合わせたアプリケーションを簡単に作成し、データ管理やワークフローの自動化を実現できます。Kintoneの特徴として、コードを使わずにドラッグアンドドロップでアプリケーションを構築できる点が挙げられます。

詳しくはkintoneで出来る事!!何が出来るの?こちらをご覧ください。

本ブログの目的

このブログでは、Kintoneのメール配信機能について詳しく解説します。メール配信は、顧客や従業員とのコミュニケーションを円滑にするための重要な手段です。Kintoneのメール配信機能を活用することで、効果的なメールマーケティングや情報共有が可能になります。本ブログでは、基本的なメール配信機能の紹介から、実際の設定方法、さらに便利な活用方法までを網羅的に解説します。

2. Kintoneのメール配信機能

Kintone自体にはデフォルトでメール配信機能は含まれていませんが、「メールワイズ」という別のサービスを利用することで、Kintoneと連携してメール配信を行うことができます。以下に、メールワイズの基本機能とKintoneとの連携について説明します。

メールワイズの基本機能

メールワイズは、業務用のメール管理システムで、チームでのメール対応を効率化するための多機能なツールです。メールワイズを利用することで、複数のメールアカウントを一元管理し、メンバー間でのメールの共有や返信対応がスムーズに行えます。

メールワイズとKintoneの連携

Kintoneとメールワイズを連携させることで、Kintone内のデータを活用してメールを配信することが可能になります。例えば、Kintoneに登録された顧客情報を元に、特定の条件に合致する顧客に対してメールを一括送信することができます。また、メールワイズで受信したメールをKintoneに自動的に登録し、案件管理やフォローアップの効率化を図ることも可能です。

メールテンプレートの作成方法

Kintoneでは、メールテンプレートを作成することができます。これにより、頻繁に使用するメールの定型文をあらかじめ準備しておき、必要に応じて迅速に送信することができます。テンプレートには変数を使用することができ、例えば顧客名や注文内容などを自動的に挿入することが可能です。Kintoneのアプリ内でテンプレートを管理し、簡単にアクセスして使用することができます。

配信リストの管理

メールワイズとKintoneを連携することで、Kintone内のデータを元に動的な配信リストを管理することができます。特定の条件に一致するレコードを抽出し、そのレコードに基づいてメールを送信することが可能です。これにより、最新の情報に基づいたターゲットメール配信が実現します。

このように、Kintoneとメールワイズを組み合わせることで、効率的かつ効果的なメール配信が可能になります。次のセクションでは、実際にKintoneでメール配信を行うための具体的なステップについて解説します。

3. Kintoneでのメール配信のステップバイステップガイド

Kintoneとメールワイズを連携させることで、効率的なメール配信が可能になります。ここでは、その具体的な手順をステップバイステップで解説します。

ステップ1: メール配信アプリの設定

まず、Kintoneにメール配信用のアプリを設定します。これには、Kintoneのアプリストアから適切なアプリを選択してインストールするか、自分でカスタマイズしたアプリを作成する方法があります。メール配信アプリでは、顧客情報や配信リストの管理が可能です。

  1. Kintoneの管理画面にログインします。
  2. 「アプリを追加」ボタンをクリックします。
  3. 「アプリストア」から「メールワイズ連携パック」と検索し、インストールします。
  4. インストール後、アプリの設定画面で必要なフィールド(顧客名、メールアドレス、配信ステータスなど)を追加します。

ステップ2: メールテンプレートのカスタマイズ

次に、Kintone側で使用するメールテンプレートを作成し、管理します。

  1. Kintoneの「メールテンプレート管理」アプリを開きます。
  2. 新しいテンプレートを作成し、件名や本文の定型文を入力します。
  3. 変数(顧客名、注文内容など)を挿入する場所にを追加します。
  4. テンプレートを保存し、必要に応じて複数のテンプレートを作成します。

変数をテンプレートに登録する場合は、%フィールド名%で登録が出来ます。

下記に弊社で利用している一例を置いておきます。

テンプレート例
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
%Company%
%役職% %先方担当%様

 

お世話になります。
ルイーダ商会の%担当名%です。

 

この度は、%提案案件名%のご相談ありがとうございました。
現在の進捗状況をお伺いしたくメールを差し上げました。

 

ご状況につきまして、ご連絡いただけますと幸いです。
また、追加で必要な情報や資料がございましたら、お気軽にお申し付けください。

 

当方としましても、貴社のご判断を待ちつつ、スムーズな進行のために準備を進めておりますので、
何かご要望等があればお知らせいただければと思います。

 

ご多忙の中、恐れ入りますが、貴社のご意向をお聞かせいただけますと幸いです。
よろしくお願い申し上げます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ステップ3: 配信リストのインポート

メール配信対象のリストをKintoneにインポートします。これは、CSVファイルなどを使用して一括で行うことができます。

  1. メール配信アプリを開き、「インポート」オプションを選択します。
  2. CSVファイルをアップロードし、フィールドのマッピングを行います。
  3. インポートを実行し、データが正しく取り込まれたことを確認します。

ステップ4: メールの送信

準備が整ったら、実際にメールを送信します。Kintoneとメールワイズを連携させることで、指定した条件に基づいてメールを一斉送信できます。

  1. メール配信アプリで配信対象のレコードを選択します。
  2. 「メール送信」ボタンをクリックし、使用するテンプレートを選択します。
  3. メールの内容を確認し、「送信」ボタンを押してメールを送信します。

次のセクションでは、Kintoneのメール配信の利便性について詳しく解説します。

4. Kintoneのメール配信の利便性

Kintoneとメールワイズの連携によるメール配信には、さまざまな利便性があります。ここでは、主な利点について詳しく解説します。

連携機能と自動化

Kintoneとメールワイズの連携により、ステータスに応じてのメール配信が可能になります。

新規お打ち合わせのあとには、商談お礼メールのテンプレートを活用しメールを送る、お見積りの際には、お見積送付のテンプレートを活用しメールを送る、見積送付から一定期間経過後にフォローメールを送信するなど、シチュエーションに応じた対応が可能です。

効果的なコミュニケーションの実現

Kintoneのメール配信機能を利用することで、ターゲットを絞った効果的なコミュニケーションが実現します。Kintoneに蓄積されたデータをもとに、特定の条件に一致する顧客に対してパーソナライズされたメールを送信することができます。これにより、顧客満足度の向上やリピーターの増加が期待できます。また、定型文やテンプレートを利用することで、一貫性のあるメッセージを迅速に送信できる点も大きなメリットです。

Kintoneとメールワイズを連携することで、業務効率の向上と効果的なメール配信が可能になります。本ブログでは、Kintoneの基本概要から、メール配信機能の具体的な使い方、そしてその利便性について詳しく解説しました。

今回ご紹介したステップバイステップガイドを参考にしていただくことで、Kintoneとメールワイズを効果的に活用し、日々の業務をさらに効率化することができるでしょう。

もしKintoneやメールワイズの詳細についてさらに知りたい場合や、実際に導入を検討されている方は、公式サイトや関連するリソースを参照してみてください。また、導入支援や活用方法についてのコンサルティングサービスも利用すると、よりスムーズな導入が期待できます。

最後に、メール配信に関する新しい情報やトレンドに常にアンテナを張り、最新の技術や方法を取り入れていくことが重要です。これにより、顧客との関係を深め、ビジネスの成長を持続的に推進していくことができます。

kintoneとメールワイズを活用したマーケティング施策にご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です